スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

1975年が最も健康的

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?


1975年が最も健康的⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。


「日本の食事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1975年が最も健康的

最近発表された新聞の記事に、日本の食事について興味深いことが載っていました。

日本の家庭の標準的な一週間の食事メニューを1960年から2005年まで、15年おきに
再現して凍結乾燥し、マウスに与え続けたところ、1975年当時の食事が最も内臓脂
肪を蓄積しにくく、糖尿病のリスクが低いことが分かった。

東北大と岡山県立大の研究チームが実験した成果で、75年の食事は05年の食事と比
べ、たんぱく質や脂肪を魚介類や植物から多く摂取し、相対的に肉類や牛乳・乳製品
が少ない他、ワカメやひじきなどの海藻が多く、バランスが取れている。

60年の食事はコメが非常に多く、塩分が多かったと東北大大学院農学研究科之都筑准
教授の話、さらに准教授は日本人の長寿は食事が良いからと言われてきたが、食の欧
米化が進み、生活習慣病が増えた。

納豆や、ココアなど健康に良いとされる食品の流行を追ったり、サプリメントに依存す
るよりも、食事の中でたような食材を少しずつ取ることが重要だと話している。

実験の結果、平均体重は05年のグループを100%とした場合90年は99%、75年は89%、
60年は100%だった。

内臓脂肪量も05年に比べ90年は77%、75年は46%、60年は86%で、75年が大幅に少な
かった。

75年の血糖値は05年の82%、血漿中のインスリン濃度は29%にとどまり、インスリンの
濃度が低くても血糖値が正常に保たれていた。

肝臓で脂肪の分解や燃焼お担う遺伝子の働きも75年のグループが最も良かった。

                      (S新聞より抜粋)
飽食の時代の健康管理は、食事を含め生活習慣の改善が必要です。

わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、ガンや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




こんなページを見つけました。    
  ↓ ↓ ↓

わずか30日で酸化ストレスを20歳レベルまで低減!

あなたはどうします?

何で??と言う方

↓ ↓ ↓


お問い合わせ





会社を作るなら、まずは小さい会社からですよね?

残念!

30社以上の会社を作ったプロが言うには、

デカイ会社を作った方が簡単です。

ジェームス・スキナー2枚組CD無料プレゼント!
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 生活習慣病 食事

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク