スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

自己免疫病

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?


自己免疫病⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。


肥満
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自己免疫病

肥満による自己免疫病仕組み解明、治療法期待

今月の4月8日の新聞に載っていました内容です。

肥満に伴い、免疫が自身を攻撃する自己免疫病が起きる仕組みを、宮崎徹東
京大教授らの研究チームが突き止め、7日までに米科学誌セル・リポーツに
発表した。

肥満の人に甲状腺機能低下や不妊症などの自己免疫病が多いことはわかって
いたが、仕組みが解明されたのは初めて。

研究チームによると、肥満が進み血液中のの脂肪酸が増えると、一部の免疫
が活性化し異物に反応する抗体が過剰に増える。

この抗体は体内のさまざまなタンパク質を脾臓に運んで異物ととして示し、
脾臓自身を攻撃する悪玉免疫細胞を作り出す。

この際にタンパク質「AIM」が重要な役割を担っていることが確認できた。

マウスの実験で、通常のマウスは抗体が脾臓に長期間取り付くのに、AIM
作れなくしたマウスでは抗体が脾臓に付いても短時間で壊れ、悪玉免疫細胞
がが増えないことが分かった。

AIMは、本来肥満を抑える役割を担っているが、肥満が過度に進むと逆に糖
尿病や動脈硬化を招くことが分かっている。

AIMを抑える薬を開発すれば新たな治療法に結びつく可能性があるという。
                          (S新聞より抜粋)

わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、ガンや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




こんなページを見つけました。    
  ↓ ↓ ↓

わずか30日で酸化ストレスを20歳レベルまで低減!

あなたはどうします?

何で??と言う方

↓ ↓ ↓


お問い合わせ





7才から78才まで、4,000人の受講者が全員効果を実感した
新しい速読法が公開!!

リリース記念価格ということなので、

今すぐチェックしてみてください。

誰でも簡単にたった60分で速読できる!


スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 肥満 自己免疫病 脾臓 悪玉免疫細胞 AIM

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク