スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

80歳でも20本の歯を

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?


80歳でも20本のを⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。


「老化との健康」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

80歳でも20本の

私たちのは、親知らずをを覘くと28本ありますが、自分のが20本以
上ある人は、60歳で8割弱といわれています。

それが70歳になると、約5割に減り、80歳になると3割弱というように
、加齢とともに減っていくようです。

と全身の健康は密接につながっており、歯の健康を損なうと、心身にも影
響を及ぼしかねません。

なぜ20本以上の歯が必要かといえば、20本以上あれば、ほとんどの食べ
物を噛み砕くことが出来るからです。

実際、20本以上の歯が残っている高齢者は、残っていない人より活動的で
、寝たきりになる人も少ないとの報告もあります。

東北大学大学院の歯学研究グループが健康診断を受けた70歳以上の高齢者
を対象に認知症の程度と残存歯数との関係を調べた調査で、正常な人たちは

平均で14・9本、軽度認知症を疑われる人たち13・2本、認知症を疑わ
れる人たちは9・4本の歯が残っており、健康な人ほど自分の歯を多く持っ
ていることが分かりました。

自分の歯が少ない人ほど、認知症になりやすいといえます。

                            (S新聞より抜粋)

わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、ガンや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




こんなページを見つけました。    
  ↓ ↓ ↓

わずか30日で酸化ストレスを20歳レベルまで低減!

あなたはどうします?

何で??と言う方

↓ ↓ ↓


お問い合わせ





声で人を魅了する人、声で人からガッカリされる人、

あなたはどちらになりたいですか?

http://123direct.info/tracking/af/175876/DGLHNIXY/


声で人を魅了する人、声で人にガッガリされる人、あなたはどっち?

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 認知症

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク