スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

女性ホルモンが危険因子

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?


女性ホルモンが危険因子⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。


乳がん
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

女性ホルモンが危険因子

女性がなるがんの罹患率(人口に対して病気になる人の割合)のトップが乳
がんです。

近年乳がんだけが急増し、新たにかかる人は年間5万人を超え、さらに増加
傾向にあります。

乳がんを引き起こす直接の原因は解明されていませんが、いくつかの「危険
因子」が分かっています。

その多くが女性ホルモンで、代表的なのは「エストロゲン」です。

乳腺や子宮内膜の増殖に関わるホルモンですが、乳がん細胞を増殖させる働
きもあり、体内での濃度が高く、その状態が長期間に及ぶほど、乳がんの危
険性が高まります。

最近、日本の女性は「初経年齢が早くなり、閉経年齢が遅くなる」「出産回
数が減少する」などの傾向にあります。

こうしたことにより、人生の中で、体内のエストロゲン濃度が高い状態が長
くなる人が増えてます、このことも乳がん増加の一因と考えられます。

なお、妊娠するとエストロゲンの量は減ります、その関係で、「出産経験の
ある人はない人に比べて発症の確率が低くなる」「若いうちに出産を経験す
ると乳がんのリスクが減少する」といわれてます。

女性ホルモン以外の危険因子には、特定の遺伝子(BRCA)の変異を持っ
ていることや、体形、生活習慣などによるものです。

(埼玉医科大学国際医療センターの佐伯俊昭副院長の話 S新聞より抜粋)

わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、ガンや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




こんなページを見つけました。    
  ↓ ↓ ↓

わずか30日で酸化ストレスを20歳レベルまで低減!

あなたはどうします?

何で??と言う方

↓ ↓ ↓


お問い合わせ





声で人を魅了する人、声で人からガッカリされる人、

あなたはどちらになりたいですか?

http://123direct.info/tracking/af/175876/DGLHNIXY/


声で人を魅了する人、声で人にガッガリされる人、あなたはどっち?

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 生活習慣 乳がん 女性ホルモン エストロゲン

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク