スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

診断基準

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

診断基準⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。


慢性疲労症候群
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
診断基準

      慢性疲労症候群の診断基準

次の前提Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを満たした時、CFSと診断される。
(正式な基準より、若干、簡素化してあります)

●前提Ⅰ(①②を満たす)

①生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、6ヶ月以上の
 期間持続ないし再発を繰り返す。

②内分泌疾患(ホルモン異常)、膠原病など免疫系の病気、臓器障害、
 糖尿病など疲労の原因となる病気がない。

●前提Ⅱ(①~④をすべて満たす)

全身倦怠感は新しく発症したものであり、発症の時期が明確である。

②十分な休養を取っても回復しない。

③現在行っている仕事や生活習慣のせいではない。

④疲労・倦怠のため、月に数日以上は社会生活や仕事ができず休んでい
 る。

●前提Ⅲ(下記のうち、5項目以上認める時)

①労作後疲労感(労作後休んでも24時間以上続く疲労感)。

②筋肉痛 ③関節痛 ④口頭痛 ⑤のどの痛み ⑥睡眠障害全身倦怠感
⑦思考力低下、集中力低下
(下記の他覚的所見は医師が確認する)
⑧微熱、⑨首あるいは脇の下のリンパ節の腫れ ⑩筋力低下

このうちの前提Ⅲが主な症状です。

(関西福祉科学大学の倉恒 弘彦教授の話し S新聞より抜粋)

わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、ガンや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   


あなたは無意識に自分を不幸にしている?

不安、悩み、ストレスからあなたを開放する

脳と心の科学を徹底解説
http://123direct.info/tracking/af/175876/fGFLucGf/

自分を不幸にしない13の習慣、今なら限定価格!
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 慢性疲労症候群 全身倦怠感 生活習慣

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク