スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

薬などの対症療法

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

薬などの対症療法⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

気管支拡張症
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
治療

薬などの対症療法

治療は、対症療法が中心です。

緊急性はないことの多い病気ですが、気管支の拡張を改善すること
はできないので、上手に”付き合っていく”ことが必要になります。

症状の軽減や炎症を抑えるために、マクロライド系と呼ばれる抗生物
質を低量で長期使用することがあります。

また、を出しやすくする薬により、気道のクリーニングに努めます。

を出しやすい体位を取る(体位ドレナージ)などの理学療法の併用
も検討します。

がある場合は、止血剤を投与します。

発熱や膿性が増加する増悪期には、原因となっている細菌に有効
な抗菌剤を投与します。

逆に、気管支の拡張が確認されても特に症状がなければ、治療せず
に経過を観察することがあります。

まれに、治療を行っても再感染を起こす人や、多量の喀血が見られる
人に対して、手術にによる切除が検討される場合もあります。

喀血の量が著しく多い場合には、出血を止めるため、カテーテルを挿
入して出血部分をふさぐ物質を注入「塞栓法」と呼ばれる方法が用い
られることもあります。

予防することは難しいですが、気管支拡張症を引き起こしやすい病気
の予防や早期発見・治療開始をすることで、発症や重症化を防げる可
能性があります。

「引き起こしやすい病気」とは、風邪、インフルエンザなどの感染症や
慢性副鼻腔炎などです。

特に気管支や肺の病気がある方は、インフルエンザ流行時期には予
防接種を受けるなど、積極的な取り組みが望まれます。

(東京都済生会中央病院呼吸器内科 中村 守男担当部長の話 S新聞より抜粋)   

わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



<成功哲学界の大物が暴露>

億万長者の起業家が教えない知られざる
起業の3つの真実とは?
http://directlink.jp/tracking/af/175876/6PxmZgDU/

自己啓発界の大物の告白
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 気管支 拡張症 喀血 活性酸素

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク