スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

東洋医学

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

東洋医学⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

体調不良
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
東洋医学の健康観

西洋医学は原因が明確な病気の治療に優れていますが、原因がハ
ッキリしない、いわゆる「不定愁訴」には対応しづらい面があります。

一方、東洋医学には、正常と異常との間にある「未病」という、ユニ
ークな考え方があります。

体内のさまざまなシステムがバランスを保っている状態を「健康」と
した場合、バランスが少しでも乱れると、それは「未病」と捉えられま
す。

東洋医学は、「何がバランスを乱す原因となったか」ではなく、まず
は「どうバランスがが乱れているか」を明らかにしようとします。

その上で、バランスの乱れを元に戻す手段を講じます。

従って、東洋医学は原因がハッキリしない「不定愁訴」に対しても、
何かしら打つ手があるのです。

生命は絶えず揺れ動いているような存在で、バランスが乱れたり
、元に戻ったりを、たびたび繰り返しています。

そういう意味では、私たちは人生の大半を「未病」の状態で過ごし
ているわけです。

「健康」に対する過剰なこだわりを捨てること、病を老いや死と同様
に、避けがたいものとして受け入れることも東洋医学の英知なので
す。

(聖路加国際病院リウマチ膠原病センター津田 篤太郎副医長
の話S新聞より抜粋)


わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



7才から78才まで、4,000人の受講者が
全員効果を実感した新しい速読法が公開!

今より2倍、3倍速く本を読みたい人は、
今すぐチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓
誰でも簡単にたった60分で速読できる!
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 体調不良 東洋医学 未病

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク