スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

発症のピーク

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

発症のピーク⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

過敏性腸症候群
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「10代~20代が発症のピーク」

朝、学校や勤務先に向かう列車に乗っていると、急に腹痛を感じ、
トイレに行くために下車。

落ち着いたので、列車に乗って目的地に向かうものの、再び途中の
駅で降りてトイレへーそんな経験がある人もいると思います。

過敏性腸症候群」では、傷んだ食物を摂取したわけでもないのに、
下痢や便秘が繰り返し起きます。

特に、ストレスや不安・緊張を感じている状況で症状が悪化します。

従って、症状が出るのは、自宅以外の目的地に向かう時、会議や仕
事中などだけで、帰宅時や休日には出ないという特徴があります。

10代~20代が発症のピークで、年齢が高くなると頻度が下がります。

また、日本では、男性に比べると女性の方が約1.6倍、患者数が多
くなっています。

命に関わる病気ではありませんが、約束の時間に間に合わなかった
り、仕事や勉強に集中できないなど、社会生活に支障が生じてしまい
ます。

「症状によって3つのタイプ」

症状によって、「下痢型」「便秘型」「混合型」の三つのタイプに分類さ
れます。

便秘型は女性に、下痢型は男性に多く見られますが、人によっては
タイプが変わることもあります。

疫学的な統計では、成人の10%前後の患者数がいるといわれてい
ます。

しかし、腹痛や腹部の不快感の症状だけでは、医療機関を受診する
ことをためらう人が多く、実際に受診しているのは、その半数程度しか
いません。

ただし、同じような症状を呈する病気として「クローン病」「潰瘍性大腸
炎」、あるいは薬の副作用ということも考えられます。

この3カ月間で、腹部の不快感が何度かあり、下痢や便秘など便通異
常が見られ、その症状が、排便すると和らぐ場合などは、一度、消化
器内科を受診することをお勧めします。

「他の疾患がないか検査を」

受診した際には、腫瘍や潰瘍、炎症といった器質的疾患がないかどう
か確認するため、内視鏡、血液検査などいくつかの検査を行います。

その結果、腸の炎症が認められないなど、他の疾患でない場合に「過敏
性腸症候群」と診断されます。

この病気では、腸の運動や感覚機能に異常が生じていると考えられ、
実際に知覚検査を行うと、腸が過敏になっていることが分かります。

従って、腸の運動や感覚と密接に関係する脳がストレスを感じること
が原因となって、症状が現れるのでしょう。

器質的症状が認められないため、治療では、症状の軽減が目的にな
ります。

まずは、医師の話をよく聞くことことが何よりも大切です。

(旭川医科大学病院・総合診療部長 奥村 利勝教授の話し S新聞より抜粋)



わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッド


詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 過敏性腸症候群 ストレス

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク