スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

治療を継続

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

治療を継続⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

過敏性腸症候群
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「焦らずに治療を継続」

焦らずに治療を継続し次のような療法を行うことになります。

生活習慣の改善

精神的な要因が大きいので、ストレスを与えないようにすることが必
要です。

1日3食を規則正しく食べることや、きちんとした睡眠時間の確保、散
歩やウオーキングなど適度な運動を心掛けてください。

②食事療法

腸に刺激を与えないように、カプサイシンやカフェインの含まれるもの
は摂取しないようにします。

また、脂肪を多く含む食品は控えたほうが良いでしょう。

便秘型の人は食物繊維の多い食品をを取ります。

ただし、ブロッコリーやキャベツなど、糖質の多い食品は、腸内で発酵
して便通異常を起こす恐れがあると考えられていますので気を付けて
ください。

③薬物療法

高分子重合体である「ポリカルボフィルカルシウム」、消化管機能を調
節する「トリメブチンマレイン酸」などの薬を用います。

また、下痢型では整腸薬、便秘型では下剤を使います。

腹痛が強い場合には、「抗コリン薬」や「抗うつ薬」が使用されることも
あります。

以前の便秘薬は、腸を刺激して排便を促していましたが、最近の薬は
腸内の水分量を増やして便を軟らかくするタイプもあります。

また、下痢型でも、男性にしか使用できなかった「ラモセトロン塩酸塩」
という薬が女性にも使用できるようになっています。

多くの種類の薬がありますので、最初に選択した薬に効き目がなけれ
ば、他の薬を用いたり、複数の薬を併用します。

医師と相談しながら治療を進めることが大切です。

④心理療法

①~③の治療を行っても効果が見られない場合は、心療内科専門医
の受診を検討します。

この病気では、症状の軽減が治療のゴールとなります。

すぐに完治する病気ではありませんので、焦らずに、病状を改善して
いくことが必要です。

先に述べたように、治療に際しては医師との信頼関係の構築が必要
で、すぐに薬の効果がないからと、他の医療機関に移るような、いわゆ
るドクターショッピングは避けたほうが良いでしょう。

                     ◇

この病気は、命に関わる病気ではなく、一生涯続くことも少ないです。

しかし生活の質(QOL)が下がることは確かで、診療内容をしっかりと説
明してくれる医師と良好な関係を築き、まずは自身の生活習慣を見直
すところから始めてみてください。

(旭川医科大学病院・総合診療部長 奥村 利勝教授の話し S新聞より抜粋)



わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッド


詳しくはこちら

↓ ↓ ↓

http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 活性酸素 水素 過敏性腸症候群 生活習慣

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク