スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

疾病の可能性

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

疾病の可能性⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

飛蚊症
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「重大な疾病の可能性も」

飛蚊症」とは病名ではなく、あくまでも症状の一つです。

その原因によって以下の二つに分けることができます。

○生理的飛蚊症

硝子体の老化に伴って起こる「飛蚊症」で、生理的な現象
です。

先ほど述べた通り、年齢が進むと硝子体が液化し、硝子体
の中に空洞ができます。

それがさらに進行すると、眼球の内壁である網膜から硝子
体が剥がれ、「後部硝子体剥離」という状態になります。

通常、50歳代以降から増えてくるのですが、目の奥行きが
長い強度の近視の人は、「後部硝子体剥離」が早期に起こ
りやすく、若いうちから「飛蚊症」を訴えることもあります。

「後部硝子体剥離」自体は病気ではありませんので、このタ
イプの「飛蚊症」であれば治療の必要はありません。

ただし、次の述べるような「網膜裂孔」「網膜剥離」を引き起こ
す可能性もあるので注意は必要です。

○病的飛蚊症

重大な目の病気に伴って起こる一症状で、以下のような病
気の可能性があります。

①網膜裂孔・網膜剥離

「後部硝子体剥離」によって網膜にけん引がかかり、網膜に
穴が開くことがあります。

これを「網膜裂孔」といいます。

さらに病態が進み「網膜裂孔」から液化した硝子体が網膜下
に侵入し、網膜が眼底から離れ状態が裂孔原性の「網膜剥
離」です。

いずれも、突然「飛蚊症」になったり、黒い点の見える数が急
激に増えたりといった「飛蚊症」の症状が増悪します。

また、「網膜剥離」では「光視症」といって、閃光のようなもの
が見えることもあります。

網膜剥離」が進行すると、視野が狭くなったり、視力が低下
したりします。

網膜には痛覚がないので痛みを感じることはなく、病気の程
度によっては無症状の場合もあります。

網膜剥離」は放っておくと失明につながる危険性が高い病
気です。

②硝子体出血

糖尿病や高血圧、外傷、網膜裂孔などによって硝子体の中
で出血すると、特に軽度の場合「飛蚊症」を感じることもあり
ます。

出血が続くと、霧がかかったように見えるようになります。

出血が少なければ、自然治癒することもありますが、原因疾
患によっては手術が必要となることがあります。

ぶどう膜

「虹彩・毛様体・脈絡膜」の三つの部分からなる「ぶどう膜」に
、細菌やウイルスが入るなどして炎症が起きると「飛蚊症」を
感じることがあります。

炎症がひどくなると、症状は強くなり、視力は低下します。

ぶどう膜炎の」場合、眼痛や充血を伴うことが多いです。

原因疾患の検査と、炎症を抑えるために、内服薬や点眼薬
を用いて治療します。


目2

(山形大学医学部の眼科講座で講師を務める 西塚 弘一さん
                  (医学博士)の話 S新聞より抜粋)



わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



※いつ終了するかわかりません※

成功した人だけがコッソリ使っている、

成功者のカンニングペーパーが今なら無料!!
       ↓↓↓↓↓

ジェームス・スキナー「成功研究会」CDが無料!
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 飛蚊症 網膜剥離 硝子体 ぶどう膜

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク