FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

エネルギーの代謝 ⇒固体マイナス水素イオン

◆究極の予想外ビジネス!!日本から始動中!! ◆

  『人生100年、長生きリスク、安心できますか?』

  健康、年金、高齢化、格差社会、社会環境

2030年代寿命が100歳と言われています!!

今から取り組まないと後悔します。

二度と無い チャンスです! ここで決まりです。
         ↓ ↓
http://1sun.biz/N/61025.php?ID=R5813

エネルギーの代謝 ⇒固体マイナス水素イオン

おまかせください!! 長時間還元力!!

サプリメントは必需品

エネルギーの代謝

(1〉成人男子は通常1日2,500k㌍を摂取します。同じ㌍を石油を燃焼して取ろうと
すると、約0.27?(2,500Kcal÷9,250kcal/?=0.27?)必要になります。


0.27?の石油を燃やすには、大量の酸素が必要です。当然炭酸ガスや一酸化
炭素が排出されます。それと同様に、人間の体内でも摂取した炭水化物や脂肪や
たんぱく質などの食物が消化吸収され、血糖となり60兆個の細胞に入り、ミトコ
ンドリアの中で代謝という形でゆっくりと燃焼します。それに必要な酸素はヘモ
グロビンによって体内の隅々まで運ばれます。燃焼により生ずる炭酸ガスは静脈
を通して体外に排出されますが、1~2%の不完全燃焼分が活性酸素となり、細胞を
老化させ、発癌の引き金となります。

(2〉ミトコンドリア

エネルギー代謝の主役は、細胞内のミトコンドリアです。ク工ン酸サイクルによ
り糖分は酸化・分解されて体温やエネルギー物質ATP(アデノシン3燐酸〉に変わり
ますが、この時マイナス水素イオンの存在によりエネルギー代謝が促進され、有
害な活性酸素が無害な水H20に変えられます。

(3〉水素水

家庭用医療用具として厚労省による認可を受けた整水器から作られる「アルカリ
イオン水」や電解還元水も活性水素(水素原子〉が含まれていて、その強い還元作
用により体内の活性酸素を中和・除去してくれます。その効能は「飲用して慢性
下痢、消化不良、胃腸内異常発酵、制酸、胃酸過多及び便秘に有効」とされてい
ます。しかし、水に含まれた活性水素は体内に入って長時間還元力を持ち続ける
事が出来ない、という弱点があります。

(4〉固体マイナス水素イオン

この欠点を補うには、活性水素〈マイナス水素イオン〉を固体化(粉末化〉して体
内で長時間〈7~8時間〉持続的に放出すれば良い訳です。及川博士はサンゴカル
シウムに大量の水素原子を吸蔵させ、これを食品に配合して摂取する事により、
体内で還元力の強い活性水素を持続的に放出させる事に成功レました。

(5〉マイナス水素イオン〈H-〉の働き

電解水に融けた水素と較べて固体化された水素は、桁違いの水素原子量で構成さ
れているため、人体を構成する60兆個の細胞のクエン酸サイクルに水素(H-〉を
供給して細胞内のミトコンドリアの代謝を促進出来ます。

血液中の糖分を燃焼させてエネルギー(ATP〉と体温を作り出している人体は、固
体マイナス水素イオンの摂取により大量の水素が長時間、継続的に供給されると
、細胞のエネルギー代謝は大幅に改善され、脂肪は燃焼し、結果として糖尿病の
人の血糖値が下がります。細胞内(ミトコンドリア〉でグルコースからATP〈アデ
ノシン燐酸〉が生成されるク工ン酸サイクルでは、グルコースから水素を取り出
レ、それを使って電子伝達系でエネルギーの源であるATPを産生し、その時ミトコ
ンドリア内で生ずる、1~2%の有害な活性酸素を水素は無害な水H20に変えてく
れます。

会員制ネットワーク通販で特別提供
<マイナス水素サプリ!!>

固体マイナス水素イオン健康

対象となる人口(市場)は最大規模です!

天才理学博士の作った未常識アイテム!!

 究極のアンチエイジングサプリ!

  遂に!大起業家がネットワークで仕掛けます。

   ≪≪≪失敗が難しいビジネスシステム≫≫≫
                    
      ★=★$凄い事が始まってます!!見逃すと一生後悔!!$★=★

     ◇◆◇次元が違う7兆円目指す、本格派MLM発進!◇◆◇
             
     

◆固体マイナス水素イオンの詳細はココ◆


           ↓↓
  

固体マイナス水素イオン解説



資料の無料請求を頂きましても、あなたには一切の業務も負担もありません。
スポンサーサイト



テーマ : インターネット副業・在宅ワーク情報
ジャンル : ビジネス

tag : 水素イオン 長生きリスク 活性酸素 抗酸化 健康 サプリメント ミトコンドリア

コメントの投稿

Secre

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク