スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

骨粗しょう症 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

骨粗しょう症 1⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

骨粗しょう症
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「新陳代謝を繰り返す骨」

骨粗しょう症」は、骨量が減ることで、骨がスカスカになり
、骨折しやすくなる病気です。

日本人の約1000万人以上が罹患していると推定されて
いて、その8割近くは女性です。

この病気は、骨折が起こって初めて症状が出てきますから
疾患に気が付いていない人も多く、治療していない人も大
勢います。

高齢者に多い疾病ですが、若い人が発症することもあり、
特に閉経後の女性は罹患の可能性が高くなります。

「骨」は髪や皮膚と同じように新陳代謝を繰り返し、溶けて
は作られ、溶けては作られを繰り返しています。

これを骨の「リモデリング」(再構築)」といいます。

こうすることで、血液中のカルシウムの調節を行うとともに
、古くなった壊れやすい骨を新しくし、その強度を保ってい
るのです。

この骨の作り替えを行っているのが「破骨細胞」(古い骨
を溶かします)と「骨芽細胞」(新しい骨を作ります)です。

このバランスが取れていれば、骨は溶かされた分だけ生
成され、新しくなります。

しかし、バランスが崩れると、骨量が次第に減少していき
ます。

その結果、骨の密度が薄くなり、骨折の原因となってしま
うのです。

こうした状態のことを「骨粗しょう症」といいます。


(長野県安曇野市・成人病診療研究所所長
         白木 正孝医学博士の話S新聞より抜粋)






わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



※いつ終了するかわかりません※

成功した人だけがコッソリ使っている、

成功者のカンニングペーパーが今なら無料!!
       ↓↓↓↓↓

ジェームス・スキナー「成功研究会」CDが無料!
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 骨粗しょう症 破骨細胞 骨芽細胞

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク