スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

パーキンソン病 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!



固体水素って知ってる?

パーキンソン病 1⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

パーキンソン病
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「脳内のドパミンが減少」

脳の各神経細胞の間には、わずかな隙間があり、この隙間
を「神経伝達物質」がつなぐことで、指令を伝えていきます。

ドパミン」と「アセチルコリン」という神経伝達物質により、大
脳にある「黒質」という部分から運動をつかさどる「線条体」
へ、そこから「大脳皮質」へと情報を伝達します。

しかし、パーキンソン病では、「黒質」の神経細胞が変性・減
少することによって、そこで作られる「ドパミン」が減少してし
まい、指令がうまく伝わらないのです。

その結果、自分の意志とは関係なく手足が震える、歩きにく
いなどといった特徴的な「パーキンソン症状」が現れます。

パーキンソン病」の罹患率は、人口10万人当たり100人程
度と考えられています。

主に50歳以降に発症することが多く、基本的には進行は
ゆっくりです。

若い世代に発症する遺伝性の率が高い「若年性パーキン
ソン病」などもありますが、ほとんどが血縁者に患者がいな
い「弧発生」です。

遺伝的要因のみならず、環境因子として指摘されているも
のもありますが、基本的にその原因は、はっきりとは分かっ
ていません。

(国立病院機構・さいがた医療センター 下村 登規夫院長
                         の話S新聞より抜粋)
               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



NASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、

名だたる有名企業を指導したリー・ミルティアの成功法則とは?

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://directlink.jp/tracking/af/175876/ALjAooVS/


スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 パーキンソン病 ドパミン

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク