スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

慢性膵炎 3

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!

2
固体水素って知ってる?

慢性膵炎 3=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。



水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

慢性膵炎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「画像診断などで他の疾患と鑑別」

慢性膵炎の診断は、問診や採血、採尿、あるいは腹部超
音波(US)検査やコンピューター断層撮影(CT)検査、磁気
共鳴画像装置(MRI)検査、磁気共鳴膵胆管造影(MRCP)
検査といった、画像検査などで行いますが、膵石ができる
など、ある程度進行しないと診断が難しいことがあります。

ただし、一度失われた膵臓の機能は取り戻すことができ
ないため、早期診断を目指して①腹痛発作を起こす②ア
ミラーゼやリパーゼなどの血中膵酵素が異常である③
膵機能の低下が見られるなどの臨床項目と画像による
膵臓の軽い変化を満たせば、早期慢性膵炎と診断する
基準が定められています。

現在、世界でも早期の病態を見つけようとの流れがあり
ますので、今後、さらに研究が進み、精度の高い診断基
準が作られていくと思います。

診断で注意が必要なのが、似たような症状のある疾患と
の鑑別です。

最も気を付けなければならないのが、増加傾向にある「
膵腫瘍(膵がん)」で、「膵管内乳糖粘液性腫瘍(IPMN)」
などの可能性も考え、詳しく調べます。.


「生活習慣の改善で進行を止める」

基本的な治療は、症状が進行しないように断酒、禁煙な
ど、生活習慣を改善します。

代償期で腹痛発作がある場合は、脂肪制限とともに、トリ
プシン阻害薬など、炎症を抑える経口薬を用います。

場合によって、成分栄養剤の「エレンタール」などを使用す
ることもあります。

非代償期で、膵機能障害が見られる場合、以前は大量の
消化酵素を服用する必要がありました。

しかし近年では、力価(薬の効果)の高い、新しい薬剤が使
えるようになっています。

2011年には、高力価消化酵素薬である「パンクレリバー
ゼ」が発売され、多く使われています。

これによって、外分泌機能を助け、全身の栄養状態が低
下するのを防ぐのです。

膵石ができてしまうなど、膵液の流れが阻害されて腹痛
が出るようになると、石を除去するための「体外衝撃波結
石破砕術(ESWL)」や膵液の流れを良くするための「内視
鏡的ステント留置術」、膵管を切開して小腸とつなげる、「
外科的ドレナージ」などの「膵管減圧術」が行われます。

症状や長期的な効果などを考え、内科的治療か外科的治
療かを選び、適切な治療を行うことが大切です。

慢性膵炎を放置しておけば、膵石症や膵がんを発症する
危険性が高くなります。

生活習慣の改善や長期間の治療が必要になりますが、適
切な治療をすれば普通の社会生活を送ることができます。


(日本膵臓学会・前理事長・東北大学大学院医学系研究科長
        ・医学部長 下瀬川 徹教授の話S新聞より抜粋)


               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



NASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、

名だたる有名企業を指導したリー・ミルティアの成功法則とは?

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://directlink.jp/tracking/af/175876/ALjAooVS/


スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 膵臓 慢性膵炎

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク