スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

梅毒 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

梅毒 1=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

梅毒
 ̄ ̄ ̄ ̄
「過去最速のペース」

性交渉など、性的な接触で感染する「梅毒」は、「感染症
の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」
による全数報告対象となっている疾患で、診断した医師
は、7日以内にに最寄りの保健所に届け出なければなり
ません。

1967年以降、減少傾向にありましたが、2010年頃か
ら急に増え始め、2013年に1228例、14年1661例、
15年に2697例と、年々増加。

昨年はついに4500例を超えました。

本年も、既に1000例を超える報告があり、統計開始以
降、最速のペースになっています。

性感染症には、他にも「クラミジア感染症」「性器ヘルペ
ス」「尖圭コンジローマ」「淋病」などがありますが、それら
は減少もしくは微増で、「梅毒」だけが急激に増加してい
るのです。

昨年末の日本性感染症学会の学術集会では、海外の梅
毒汚染地域からの渡航者の増加がその一因ではないか
との報告がありましたが、はっきりしたことは分かっていま
せん。

近年の特徴としては、かつては30代前半だった男性患
者のピークが40代前半になっていること、そして、同性間
でなく、異性間の感染が増えていることです。

加えて、例年一桁だった母子感染の報告が昨年は13例
もあったことも挙げることができます。


(日本性感染症学会理事・性感染症治療のガイドライン作成・
JICHO北海道病院の 広瀬 崇興副院長の話S新聞より抜粋)

 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 活性酸素 梅毒

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク