スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

クローン病 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

クローン病 1=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

クローン病
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「詳しい原因は分かっていない」

クローン病」は1932年にアメリカのクローン医師が初め
て報告した病気です。

小腸や大腸の粘膜に、慢性の炎症や潰瘍を引き起こす
原因不明の疾患である炎症性腸疾患(IBD)の一つです。

代表的なIBDには他に「潰瘍性大腸炎」などがあります。

環境や遺伝などの因子によって引き起こされる免疫異常
によって発症しますが、詳しい原因は分かっておらず、厚
生労働省の特定疾患に指定されている、いわゆる難病で
す。

好発年齢は20代前半で、比較的若い10代~40代に多
い病気ですが、小児や高齢者でも発症します。

わが国では若干、男性が多いようです。

90年代から急速に患者数が増え始め、今も、増え続けて
います。

「複数の要因が重なって発症」

原因の一つと考えられている環境因子としては、衛生状
態の関与が挙げられています。

腸内環境は2歳ぐらいまでの乳幼児期に、さまざまな細
菌やウイルスなどの微生物に暴露されることで鍛えられ
、整えられます。

ですが近年は、乳幼児の周辺環境にあるものが、ほとん
ど除菌や滅菌され、細菌ウイルスにさらされる機会が
減っています。

このように、かつてとは腸内環境が変化した結果、発症
頻度が高くなったのではないかという仮説が考えられて
います。

これは、クローン病がいわゆる近代化が進んだ欧米で多
く、発展途上国では見られないことも根拠にの一つにされ
ています。

また、関連する遺伝子としては「NOD2」という遺伝子が固
定されています。

特に欧米では、この遺伝子をもっていると、発症しやすく
、重症化しやすいことが分かっています。

ただし、日本人では陽性例はほとんど認められず、その
影響は低いと見積もられ、他の遺伝子の関連が考えら
れています。

その他、喫煙や食生活の欧米化なども関連するとといわ
れていますが、いずれにせよ、何か一つの要因ではなく
複数の因子が重なって起きている疾患とということは間
違いありません。


(福岡大学筑紫病院・炎症性腸疾患センター 平井 郁仁部長
                          の話S新聞より抜粋)

 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 クローン病 細菌 ウイルス

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク