スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

熱中症 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

熱中症 1=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

熱中症
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「室内でも注意が必要」

かつては「日射病」などと呼ばれていた「熱中症」は、暑さ
によって生じる「熱失神」「熱性けいれん」「熱疲労」などの
症状の総称です。

総務省消防庁の発表によれば、昨年5月から9月末まで
の、全国における熱中症による救急搬送人員数の累計
は5万412人でした。

特に、前年よりも平均気温の高かった西日本、沖縄・奄美
で増加の傾向が見られました。

年齢別では、満65歳以上の方が半数を占めており、次い
で、満18歳以上65歳未満の方、少年、乳幼児の順とな
っています。

熱中症は、気温だけでなく、湿度なども関係しており、高
温多湿な環境に長時間いることで、徐々に体内の水分や
塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機
能がうまく働かなくなります。

その結果、体内に熱がこもり、めまい、体のだるさ、ひど
いときには、けいれんや意識の異常など、さまざまな症状
が現れるのです。

屋外で起こるイメージが強いですが、就寝中など、室内で
発症するケースも多く見られます。

家の中でじっとしていても、温度や湿度が高ければ、熱中
症になる場合があります。

晴れている日だけでなく、雨の日でも注意が必要です。


                          (S新聞より抜粋)

 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 熱中症 気温 湿度

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク