スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

肺炎 3

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

肺炎 3=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

肺炎
 ̄ ̄ ̄ ̄

「ワクチンの接種で予防する」

先に述べた通り今回のガイドラインでは、高齢者の肺炎
に対する治療の対応を重要視しています。

まず高齢者であれば、①誤嚥を繰り返しているかどうか
②他の疾患の末期状態かどうかを判断します。

その上で、抗菌薬による積極的な肺炎治療を行うことで
、生活の質(QOL)」が低下しないかどうか、患者さんを
苦しめる方向にならないかを判断します。

そして、患者さんの本人の意思を確認した上で、主治医
個人でなく、看護師、や薬剤師など、複数人による医療
チームで、実際の治療をどのように行うかを決定します。

緩和医療を優先することもあるでしょう。

ともあれ、最も大切なのは予防です。

よく「風邪は万病のもと」といわれますが、風邪をひかな
いことが大切です。

その上で、インフルエンザを予防するためのワクチンを毎
年、接種する、65歳以上であれば肺炎球菌ワクチンを接
種するのが、とても有効です。

また、タバコは肺だけでなく、全身に影響を及ぼしますの
で、禁煙してください。

加えて、高齢者に多い誤嚥性肺炎を予防するためには、
口の中の雑菌を抑える「口腔ケア」が大切です。

また高齢になると食が細くなりがちなので、栄養状態の改
善も心掛けてください。

体調が優れない場合には人混みを避ける、マスクを着用
する、あるいは日頃からの手洗いやうがいの週間など、
何げない予防も忘れないようにして下さい。


(成人肺炎診療ガイドライン2017の作成委員長・長崎大学・
              河野 茂 副学長の話S新聞より抜粋)

 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 肺炎

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク