FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

アトピー性皮膚炎 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

アトピー性皮膚炎 1=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

アトピー性皮膚炎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「新生児期からの保湿に効果」

国内で行われた疫学調査などの結果によれば、アトピ
ー性皮膚炎の国内の有病率は10%弱と思われます。

その多くは乳幼児期に発症します。

かつては、50歳代以降の有病率は非常に少なかったの
ですが、近年は、60歳代や70歳代の患者さんも珍しく
なくなってきました。

新生児期から乳児期にかけて湿疹が出ると、ご家族は
アトピー性皮膚炎を発症したと心配になることがあると
思いますが、そもそもこの頃はまだ肌が弱く、いろいろな
刺激によって湿疹が出やすい時期です。

多くの場合は、乳児湿疹といわれる一時的な湿疹なので
、過度に心配する必要はありません。

また、乳幼児期にアトピー性皮膚炎を発症しても、成長と
ともに軽快することも珍しくありません。

湿疹がある場合は治療をして、皮膚を綺麗な状態で維持
することが大切です。

また14年には、国立生育医療研究センターの研究など
で、新生時期から保湿剤を塗布することによってアトピー
性皮膚炎の発症リスクが3割低下することが分かりました。

新生児期から乳児期にかけてスキンケアをしっかり行うこ
とが、アトピー性皮膚炎の発症を予防する可能性がある
ということす。

この病気は、多因子性の疾患で、はっきりとした原因は分
かっていませんが、皮膚の保湿を維持する機能に障害が
あったり、アレルギー体質だったりします。

いずれも、皮膚のバリア機能が損なわれて炎症が起こっ
ていると考えられます。

近年は、皮膚のバリア機能に関わる「フィラグリン」という
タンパク質の遺伝子の変異や、「インターロイキン4」や「
インターロイキン13」といったサイトカイン(タンパク質)が
関与する免疫系の異常などが分かっています。

また、大人になってからであれば、環境の変化などによ
って発症したり、悪化したりすることが多いように感じて
います。

いずれにせよ、一つの原因ではなく、いくつかの原因が
重なって発症するので、治療においても複数の要素を考
慮する必要があります。


(広島大学大学院・医歯薬保健学研究科・皮膚科学・
田中 暁生准教授・医学博士・の話S新聞より抜粋)


 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト



テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 アトピー性皮膚炎

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク