FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

アルツハイマー病 2

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

アルツハイマー病 2=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

アルツハイマー病
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「タンパク性のごみがたまる」

認知症の最も多い原因が「アルツハイマー病」で、およそ
60~70%と考えられています。

アルツハイマー病は、徐々に脳の萎縮が進み、次第に認
知機能の低下が起こります。

その原因は大きく分けて二つあります。

一つは「アミロイドβタンパク」というタンパク性のごみが
脳内にたまり「老人斑(アミロイド斑)」ができること、もう一
つは、神経細胞内にリン酸化した「タウタンパク」がたまっ
て「神経原繊維変化」ができることです。

このタンパクの蓄積は、発症の25年ほど前から始まり、
10年ほど前から神経原繊維変化が起こるようになります。

こうした発症の機序(仕組み)は、譬えるならば40歳代か
らたまったコレストロールが、60歳代で生活習慣病として
現れるのと同じようなものです。

その他、「アポリポタンパクE」の遺伝子の内「E4遺伝子」を
もっている場合、罹患のリスクが高くなり、発症の年代が
早くなることが分かっています。


(弘前大学医学部附属病院・神経内科・日本認知症学会理事
              東海林 幹夫教授の話S新聞より抜粋)


 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト



テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 アルツハイマー病

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク