FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

変形性股関節症 3

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

変形性股関節症 3=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

変形性股関節症
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「術後のQOLは大きく向上」

寛骨臼形成不全の程度は、CE角という大腿骨頭の中心
と寛骨臼の外縁を結んだ線との間の角度で判断します。

CE角は通常、プラス20~30度以上で、不全が大きい
と0度以下の場合もあります。

結果、股関節は非常に不安定な状態となっているので
す。

前股関節症であれば、運動療法など保存療法でよい場
合もありますが、基本的に変形性膝関節症は進行性の
病気ですので、何らかの手術が必要になることがありま
す。

前・初期股関節症に適した手術は、「寛骨臼回転骨切り
術」と呼ばれるものです。

これは、寛骨臼の一部を切り離して、関節軟骨面とともに
回転させ、正常な状態に近づける手術です。

大腿骨頭を覆う、屋根に当たる部分の面積に当たる部分
の面積が広がるので、股関節が安定し、痛みも取り除くこ
とができます。

この関節温存手術では、自分の関節を使うので、術後の
動作に制限はありません。

特に若い世代の方は再生能力が高く、股関節の変形も止
まり、長期間もつことが分かっています。

ただし、術後5~6週間は入院し、じっくりとリハビリに取り
組むことも必要です。

進行期、末期股関節症の場合、あるいは寛骨臼の不全
の度合いが非常に強い場合などは、「大腿骨外反骨切
り術」「キアリ骨盤骨切り術」あるいは「人工股関節置換
術」を検討します。

人工股関節の改良も重ねられており、耐久性や安全性
も、向上してきています。

いずれの術式にせよ、手術の成功率は高く、術後のQO
L(生活の質)は大きく向上します。

「早期であれば治療に選択肢が」

近年は、「関節温存手術」ならびに「人工股関節手術」の
低侵襲化が注目されています。

しかしながら、こうした手術を行なう際に、最も大切なのは
、血管・神経損傷、感染、脱臼など、術後早期の合併症を
起こさないことや、できるだけ長持ちさせることです。

無理に小さい皮膚切開の手術を行なうことで、かえって
手術時間が長くなり、合併症によって手術の目的が達成
できなければ意味がありません

病期や骨の強度、生活スタイルなど、患者さん一人一
人に応じた治療法を選択することが大切だと思います。

早い段階であれば、治療の選択肢がいくつかあります
ので、気になる症状があれば、専門医の受診をお勧め
します。


(日本股関節学会理事・広島県立障害者リハビリテーション
  センター 安永 裕司所長・医学博士の話S新聞より抜粋)


 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト



テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 変形性股関節症

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク