FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

心不全 4

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

心不全 4=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

心不全
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「高齢者に多い拡張不全タイプ」

心不全の原因になっている心臓病がはっきりとしていれ
ば、その病気に対する治療が基本となります。

例えば、心筋梗塞や狭心症があれば、冠動脈に対する
カテーテル治療やバイパス手術、弁膜症では弁置換術
や弁形成術、あるいはTAVIといったカテーテルを用いた
手術などが行なわれます。

その上で、心不全に対しては、症状を緩和するために利
尿薬、硝酸薬などを、心臓の負担を軽減するためにβ遮
断薬ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬、ARB(アン
ジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)などの薬剤が用いられます。

また、ペースメーカーのような機器を植え込む「CRT」と呼
ばれる心臓再同期治療が有効な患者さんもおられます。

これまで、心不全は心臓の収縮(縮む働き)がうまくいか
ない「収縮不全」タイプが多いと考えられてきました。

しかし近年、高齢者では「拡張不全」タイプの心不全も心
不全患者全体のほぼ半数に及ぶことが分かってきました。

この「拡張不全」タイプは、心臓が縮む機能は保たれて
いるものの、加齢や高血圧、糖尿病などによって心臓が
硬くなり、心臓が膨らみにくくなる状態です。

このタイプは薬剤の効果があまりなく、治療法も確立して
いません。

人間ドックなどで行なわれる血液検査には、BNPという項
目があります。

この数値は心不全の病態把握に用いることができます。

心不全の早期発見や予防のためにも、こうした数値に注
意を払いながら、リスク要因である高血圧や糖尿病など
を避けるべく、減塩や適度の運動など、生活習慣の見直
しを心掛けてください。


(札幌医科大学・医学部長・循環器・腎臓・代謝内分泌内科学
      講座・医学博士 三浦 哲嗣教授の話S新聞より抜粋)


 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 心不全

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク