FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

慢性副鼻腔炎 1

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

慢性副鼻腔炎 1=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

「慢性副鼻腔炎
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ひどくなると頭痛や顔面痛を」

鼻の穴(鼻腔)の周囲には、「上顎洞」「篩骨洞」「前頭洞」
「蝶形骨洞」という4対の「副鼻腔」と呼ばれる小さな空洞
があります。

この副鼻腔に炎症が起きているのが副鼻腔炎で、「急性」
と「慢性」に分けることができます。

急性は、一般的にウイルスや細菌の感染によって炎症が
起きるもので、通常、2週間程度で治ります。

一方、慢性では、こうした炎症が3カ月以上続きます。

かつて、薬物療法の効果が低かつた時には、炎症により
、副鼻腔内にたまった膿が鼻腔に排出されにくく、急性か
ら慢性に転化することが多くありました。

このように膿がたまるので「蓄膿症」とも呼ばれていました。

症状は、鼻汁や鼻詰まりのほか、後鼻漏といっては鼻汁が
喉に落ちて、痰や咳が出たり、頭痛をひき起こすことがあ
ります。

また、鼻の粘膜に鼻茸と呼ばれるポリープができ、嗅覚が
鈍くなることもあります。

鼻茸は、慢性化した患者さんの、およそ半数に見ることが
できます。

重症化すると、顔面の痛みを訴えることもあります。


(金沢医科大学・耳鼻咽喉科学・ 志賀 英明准教授
                   の話S新聞より抜粋)


 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト



テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 副鼻腔炎

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク