FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

心房中隔欠損症 3

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?

心房中隔欠損症 3=固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。

水素は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料
に代わって水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用さ

れるだけでなく、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の
酸化ストレスを還元することで大いに注目されてい ます。

心房中隔欠損症」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「経食道心エコー検査などで診断」

診断では、超音波画像(心エコー)検査を中心とした各
種検査が行なわれます。

心エコー検査で心房中隔欠損が分かると、経食道心エ
コー検査によって、その大きさや位置を確認します。

実際に治療が必要かどうかは、心臓カテーテル検査など
によって、穴を通って流れる血液の量が多いか少ないか、
すなわち心臓にどの程度の負担があるかで判断されま
す。

これまで、人工心肺を用いて、一度、心臓を止め、穴をパ
ッチで閉鎖したり、直接縫って閉鎖する外科的な閉鎖術が
、標準的治療でした。

しかし近年では、閉鎖栓デバイスを用いたカテーテルによ
る治療が広く行なわれるようになっています。

2005年以降に行なわれるようになったこの治療では、
ニッケル・チタニウム合金(ニチノール)という形状記憶合
金でできたメッシュ状の閉鎖栓を使います。

そして、開胸することなく、足の付け根(鼠径部)からカテ
ーテルを挿入し、左心房まで進めます。

次に、カテーテルを通して閉鎖栓を進め、左心房側、右心
房側の「かさ」を順番に開き、穴の両側から心房中隔を挟
み込むようにして穴を閉じます。

一般的には、全身麻酔で治療を行ないますが、最近では、
心腔内エコーという血管内超音波カテーテルを使うことで
、局所麻酔下でも行えるようになっています。

所用時間は1時間から1時間半程度で、大きな切開もしな
いので早期に退院し、社会復帰できます。

閉鎖栓には、さまざまな大きさのものがありますが、穴が
38㍉以上の大きさの場合、カテーテル治療は行えません。

その他、穴の位置が端に寄っていたりするとカテーテル治
療の適応とならないこともあります。

主治医と相談し、最も適切な治療を選択するようにしてく
ださい。

治療後には、デバイスに付着する血栓の形成を予防する
ため、抗血小板薬を6カ月間、服用します。

また、感染性心内膜炎予防のために抗生物質の服用が
必要となることもあります。

閉鎖栓を心臓に入れても、携帯電話の使用はもちろんの
こと、磁気共鳴画像装置(MRI)検査なども受けることがで
きます。

欠損孔を閉鎖すると、心臓の負担が小さくなるので、体が
とても楽になったように感じられます。

欠損孔が見つかったら放置せず、なるべく早めに治療を
受けることで、将来の不整脈や心不全など、他の心臓疾
患のリスクを下げることができることでしょう。


(慶應義塾大学医学部・循環器内科・金澤 英明
        選任講師の話S新聞より抜粋)


 

               




わたしたちの体内で絶えず発生している「活性酸素」は、
私たちの老化のスピードを速めたり、がんや心疾患、
糖尿病などの生活習慣病の原因となり、生命の危険すら
引き起こすとても怖い存在でもあるのです。

※従来の抗酸化食品よりはるかに強力で、
抗酸化作用が長時間持続することが出来る画期的な食品が誕生!

私達は、医者ではないので病気の診断はできませんが自分自身の健
康管理はできます。



シニア世代の方に朗報!!


 ↓ ↓ ↓

健康:トキメキ情報!!




究極のアンチエイジングサプリ!!
プロタンディム
 

↓ ↓ ↓
 http://www.lifevantage.jp/products/dog-health/

お問い合わせ

プロタンディムの お問い合わせ

   



やる気はなぜ持続しないのか?

ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど

一流経営者が絶賛する目標達成メソッドNASA、AT&T、ディズニー、ゼロックスなど、


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓


http://directlink.jp/tracking/af/175876/KfIcdA5z/



スポンサーサイト



テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 心房中隔欠損

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク