FC2ブログ
スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

骨の健康と病気 ⇒固体マイナス水素イオン

◆今世紀最大の超ド級ビジネス日本から始動中!! ◆

  『人生100年の時代安心できますか?』

  健康、年金、高齢化、格差社会、社会環境

2030年代寿命が100歳と言われています!!

今から取り組まないと後悔します。

二度と無い チャンスです! ここで決まりです。
         ↓ ↓
http://1sun.biz/N/70217.php?ID=R5813

骨の健康と病気 ⇒固体マイナス水素イオン

おまかせください!! 健康な人のバランス!!

カルシウム材料が少なければ、それなりの骨しかできません。

骨を形成する細胞は、骨芽細胞と破骨細胞…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
骨芽細胞 ※Google抜粋
http://tinyurl.com/232fyy

破骨細胞 ※Google抜粋
http://tinyurl.com/yqq2q7

新しい骨を作ることは骨形成、骨を溶かすことを骨破壊といい、骨形成と骨破壊
には副甲状腺ホルモンとカルシトニンというホルモンが関わっています。

破骨細胞が骨を壊してしまうと、骨を作ろうとして骨芽細胞が活動をして、たん
ぱく質のコラーゲンを骨の表面に張りめぐらし、カルシウムをくっつけて新しい
骨を作ります

新しい骨ができるとまた、つぎの古くなった骨を壊し、作業は毎日続けられます

2つの細胞はお互いに関係しあって、一方が活動しているときは一方が休み一方
が活動を終える頃にはもう一方が活動を開始する仕組みになっています

健康な人はこのバランスがとれています

どちらか一方が強すぎたり、弱すぎたりする状態が続くと、バランスが崩れいろ
いろな障害が起き、骨の健康と病気に大きく関わってきます

骨からカルシウムが減っていく理由
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
カルシウム摂取がたりない状態が続くと、生命維持の仕組みにしたがって、副甲
状腺ホルモンに指令が行き、副甲状腺ホルモンが分泌されます

副甲状腺ホルモンが体の中のカルシウムの働きを細かくコントロールする鍵を握
っています

副甲状腺の働きによって、カルシウム濃度は、常に一定であるように管理されま


カルシウム濃度の低下を感知すると、副甲状腺は素早くホルモンを出し、骨に貯
えられているカルシウムを血液中に一気に溶け出させます

動じに腎臓に指令が飛び、活性型ビタミンDというホルモンを作らせます

活性型ビタミンDを作るよう指令をするのが、副甲状腺ホルモンです

活性型ビタミンD腸でのカルシウム吸収を増やす働きをします。
活性型ビタミンDは、食べ物から摂るビタミンDと紫外線によって作られます。
ビタミンDを含む食品を食べ、適度に日光に当たることも必要です

しかし、食べ物から摂るカルシウムやビタミンDなどが不足したり、日光に当た
らない生活が続くと、血液中のバランスが崩れます

カルシウム摂取の不足状態が長く続くと、骨に貯蔵されていたカルシウムはどん
どん減っていきます

固体マイナス水素イオン健康法

対象となる人口(市場)は最大規模です!

天才理学博士の作った未常識アイテム!!

 究極のアンチエイジングサプリ!

  遂に!大起業家がネットワークで仕掛けます。

   ≪≪≪失敗が難しいビジネスシステム≫≫≫
                    
      ★=★$凄い事が始まってます!!見逃すと一生後悔!!$★=★

     ◇◆◇次元が違う7兆円目指す、本格派MLM発進!◇◆◇
             
     ◆固体マイナス水素イオンの詳細はココ◆ 
             ↓↓
     http://1sun.biz/N/.php?ID=R5813

資料の無料請求を頂きましても、あなたには一切の業務も負担もありません。
スポンサーサイト



テーマ : ネットビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

Secre

RgBuUEdtENqAmrOEDFa

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク