スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

目の病気・視野が欠ける緑内障 2



マイナス水素イオンって知ってる?


緑内障とは、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなっ
ていく病気です。
視神経の一部が死に、脳に情報が送られなくなるのです。
視神経は一度障害を受けると回復しないのですが、緑内障の症状になかなか気づか
ないのがこの病気の恐ろしいところです。

眼球内に流れる房水という水分が過剰になり、眼圧が高くなることで起こります。
はっきりとした原因はわかっていませんが、房水が眼球内に増えるのは、眼球の組
織が活性酸素によって傷つけられて、代謝が悪化してしまうことが、一因と考えら
れています。

緑内障の原因となる房水の排水の異常がなぜ起きるのかは、まだよくわかっていま
せん。
ただ、目の中の細胞の中で行われる代謝の異常が原因ではないかといわれています。

緑内障の 原因は、血管の目詰まりともいわれています。
その異常の元凶は、やはり活性酸素による組織の酸化によるものです。

がん、心臓病、動脈硬化、糖尿病、脳卒中などの大病まで、活性酸素が関係していると
言われています。
活性酸素は生活習慣病の90%に関与していると言われています。
通常の活性水素水1リットルに対し100倍以上の「マイナス水素イオン」を、僅か1粒でそれも長時間、
放出し続けるのが、「個体マイナス水素イオン」。

固体マイナス水素イオン解説


ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素イオン 活性酸素 緑内障 視神経 房水 酸化

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク