スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

活性酸素の悪影響

マイナス水素イオンって知ってる?


活性酸素の悪影響⇒固体マイナス水素イオン

20世紀最大の発見とまで言われた活性酸素はアメリカで1940年代に発
見されました。以来、抗酸化作用のある食品、抗酸化物質、アンチエ
イジングの考え方等世界的に健康志向が高まる中で老化(酸化)に対
する意識が急速に高まり情報過多の時代に入りました。

ほとんどの生物(人間)は酸素を呼吸し生きています、呼吸した酸素
ら2~3%が活性酸素になります。

この活性酸素が細胞の酸化に大いに関与しています。

生活習慣病の約90%が細胞内の活性酸素によって誘発されると言われ
ます。

活性酸素の悪影響を受けないためには

活性酸素は、他から電子を奪って悪さをするのですから、電子を与える
物質を外から供給すればいいのです。物質から電子を奪うことを『酸化
というのに対して、電子を与えることを『還元』といいます。 そして
酸化還元は常にセットで起こります。
活性酸素を還元する、つまり電子を与えた物質は、自らが酸化されます。
だから、酸化されても有害化しない物質でないと、抗酸化作用があると
はいえません。


赤ワインやお茶、カカオなどに含まれるポリフェノールや、ビタミンE
やCなどは抗酸化作用をもつ物質です。しかしこれには少し問題があり
ます。というのも、ビタミンEやC、ポリフェノールはたくさんの分子
が結びついた質量の大きい物質です。一つの活性酸素を還元して無害化
するために、その何百?何千倍もの大きな物質が必要になるわけです。
したがって、体内で次々に発生する活性酸素に対して充分な抗酸化作用
を得ようとすると、かなり大量にそれらを摂取する必要が出てきます。

効率のいい抗酸化物質『固体マイナス水素イオン
固体マイナス水素イオンの正体は『H ̄』、つまり水素原子(H)に電
子が一つ加わった陰イオンです。

水素原子と酸素原子 
すべての原子は決まった数の電子を持っていますが、本来の数より電子
が多かったり少なかったりする状態の原子を、『イオン』といいます。
電子の数が足りないものを陽イオン、余分にあるものを陰イオンとい
います。

水素原子はこの世で最も小さな物質で、ビタミンEやCの数百分の一
の分子量しかありません。
それでいて、酸化された物質を還元できる電子を同じだけ持っている
「固体マイナス水素イオン(H ̄)」は、最も効率のよい抗酸化物質だ
といえそうです。


しかし、固体マイナス水素イオン(H ̄)はきわめて不安定で、通常
は気体や液体中にほんのわずかな量が一時的に存在するにすぎません。
体内に入って抗酸化作用を発揮する前に消えてしまうため、食品とし
て摂取することは不可能だったのです。それを特殊な製法で固体化し、
活性水素水100L分相当の水素イオンを簡単に、体内に取り入れられ
るようにしたのが、固体マイナス水素イオンです。固体マイナス水素
イオンと活性酸素が酸化還元反応をした結果できるのは水(H2O)
ですから固体マイナス水素イオンはまったく無害といえるのです。





水素ビジネス情報





こんなページを見つけました。

↓ ↓ ↓

【動画で公開】ジェームス・スキナーが気づいた衝撃の事実とは!?



ジェームス・スキナーCD無料プレゼントの詳細はこちらから

http://123direct.info/tracking/af/175876/YqQBz0WT/

あなたのために、ジェームス・スキナー本人より

動画メッセージをもらってきました!



100社以上の大企業や政府機関を指導し、

30社以上の会社を経営してきたジェームス・

スキナーが気づいた衝撃の事実とは!?



彼からのメッセージを聞いて、今日から

まったく違った思考パターンを持つことに

なるでしょう。



忙しい合間をぬって、あなたにどうしても

お伝えしたかった彼からのメッセージをぜひ

聞いてみて下さい。



ジェームス・スキナーの動画メッセージはこちらから



http://123direct.info/tracking/af/175876/YqQBz0WT/



P.S.

あなたがこの動画メッセージを見ることで、

非常に大切でありながら、深く分かって

いなかった事実も知ることになるでしょう。。。



http://123direct.info/tracking/af/175876/YqQBz0WT/




『でっかい会社を作る9ステップ』無料CDプレゼント

スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 水素 イオン 活性 酸素 電子 抗酸化 還元 酸化

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク