スポンサードリンク
固体水素って知ってる?

糖尿病

病気や老化から身を守り!!
若さを保ち健康でありたいあなたに!!


固体水素って知ってる?


糖尿病⇒固体水素

21世紀は水素の時代です。 
水素は、137億年前のビッグバンと共に出現した宇宙で最も小さく、最も多く存
在する元素です。他の全ての元素が水素原子から生まれたとされています。水素
は21世紀の 無公害エネルギーとして、石油や天然ガスなどの化石燃料に代わって
水素燃料や燃料電 池として自動車やロケットの打ち上げに利用されるだけでなく
、医学の領域でもエネル ギー代謝を促進したり、生体細胞の酸化ストレスを還元
することで大いに注目されてい ます。

糖尿病
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
糖尿病は一言でいうと、血液の中に含まれる糖の濃度が高
い状態が長く続く病気です。血中の糖の濃度がある程度高
くなると、尿の中にブドウ糖が漏れてくることがあるため
、「糖尿病」と名づけられました。

糖の濃度が高くなるのは 私たちが毎日の食事で摂取する
糖質(ごはん、パン、お菓子、果物など)は唾液や膵液、
腸液に含まれる消化酵素によって、そのほとんどがブドウ
糖となります。

このブドウ糖は腸から吸収されて血液中に入ります。また
肝臓からは蓄えられているエネルギー源の一部がブドウ糖
として血液の中に放出されます。これらを合わせて「血糖
(けっとう)」といいます。

血糖は体のいろいろな細胞(脳、筋肉、肝臓など)に取り
込まれて、エネルギー源として役に立ちます。通常では、
血糖の値(血糖値)は非常に狭い範囲に調節されています。

すい臓で作られるインシュリンというホルモンの作用によ
って、血液中の糖分が細胞にとりこまれるのですが、その
機能が正常に働かないことや、糖分を受け取る受容体が異
常をきたすことが原因となって糖尿病が起こります。

このインシュリンの分泌が低下したり、その働きが十分でな
いと血糖がスムーズに細胞内に入っていけなくなったり、
肝臓から過剰なブドウ糖が放出されたりして、その結果血
糖値は高くなります。

すい臓の細胞や受容体は活性酸素に弱く、活性酸素が増え
ると障害を受けやすい特徴があります。それを防ぐには、
活性水素水>を飲用して活性水素活性酸素と結びつけ、
無害の水として体外に排出することにより、インシュリン
や受容体が正常に機能するようになり、症状が改善される
といわれてます。





シニア世代の方必見!!
 ↓ ↓ ↓

健康と余裕のページ!!





閉塞感の現状から希望と安心の明日に!!。



もうひとつの収入の道考えませんか?。

副業・サイドビジネスに最適

日本発MLM始動中、世界戦略同時進行中


少しでも、気になる方は
↓ ↓ ↓

資料請求はこちら











こんなページを見つけました。

↓ ↓ ↓

現状を変えたいけど、不安で動けないあなたへ。

ナポレオン・ヒルが教えてくれなかった成功法則とは?

http://123direct.info/tracking/af/175876/A13eST3J/


億万長者メーカー、ダン・ケネディの「究極の法則」
スポンサーサイト

テーマ : ネットワークビジネス
ジャンル : ビジネス

tag : 糖尿病 血糖 インシュリン 水素 活性酸素 活性水素 ブドウ糖

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
RSSフィード
リンク